「あなたの番です」のオープニングの赤丸の意味は?早苗さんの赤丸が消えた?

2019春ドラマ

原田知世と田中圭のW主演、久しぶりの2クール連続ドラマということで話題となっている2019年春ドラマ「あなたの番です」、サスペンス的にもギャグ的要素もありつつ、予想の斜め上をいく展開続きで面白い!!
放送前は期待度も低かったようで、現時点でも視聴率は伸び悩んではいますが、毎回予想を上回る展開で放送後も恐怖感と今後の展開が読めないと、ハマっていく視聴者が急増中です。見逃した人や脱落した人で推理モノやサスペンス好きの方には、ぜひ見ていただき、犯人探しを楽しんでいただきたい作品です。

ドラマの中ではいろんな伏線があり、今後の展開に何を意味するのか気になる演出があります。視聴者のするどい洞察力でいろんな考察が出ているようです。
その中でも、一番気になるのがオープニングに流れるマンション住人達の顔写真に付けられた赤丸です。回を重ねるごとに、ストーリーの展開と紐づけられた変化もあり、今後この赤丸を付けられた人物の共通点は何か、赤丸は何を意味しているのか気になります。あらすじと一緒にオープニングの変化を見ていきます。(※ネタバレありです)

 

スポンサーリンク

「あなたの番です」のオープニングで赤丸が付いている人は?

オープニングでは、キャストと共にマンション住人全員と主要人物の顔写真が映し出されます。その中に数名のみ赤丸が付いていて、赤丸が付いている人物は何を意味するのか、今後の展開になにかヒントが隠されているような気がします。オープニングに赤丸が付いている人は以下7人です。

あなたの番です赤丸
引用:日本テレ系「あなたの番です」公式サイトより


赤丸がついている人(※第1回放送時点)

・302号室:手塚翔太(田中圭)、奈菜(原田知世)
・103号室:田宮淳一郎(生瀬勝久)
・202号室:黒島沙和(西野七瀬)
・402号室:榎本早苗(木村多江)
・501号室:佐野豪(安藤政信)
・管理人:床島比呂志(竹中直人)

 

「あなたの番です」のオープニングのストーリー展開における変化

キャッチコピー「毎週、死にます」というように、マンションの住民会で軽く行われた交換殺人ゲームにより、紙に書かれたと思われる人物が毎回の放送で殺されていくというストーリー。
オープニングに流れるマンション住人達の顔写真は、ストーリーの展開と紐づけられ、殺害された人は白黒写真に変わっていくという修正が施されています。ストーリーの展開と照らし合わせ、殺害された人、赤丸が付いている人に注目しながら、オープニングの変化を見ていきます。
(※随時更新します)

第1回放送のOPと殺害された人

主演となる新婚夫婦の手塚翔太(田中圭)と手塚奈菜(原田知世)が、「キウンクエ蔵前」のマンションに引越したところからストーリーがはじまります。マンションの住民会に参加した13人が、それぞれ「殺したい人」を紙に書き、ランダムにその紙を引いていくという軽い気持ちではじめた“交換殺人ゲーム”。その夜、管理人の床島(竹中直人)がマンションから転落死を…。

オープニング(赤丸がついている人)

・302号室:手塚翔太(田中圭)、奈菜(原田知世)
・103号室:田宮淳一郎(生瀬勝久)
・202号室:黒島沙和(西野七瀬)
・402号室:榎本早苗(木村多江)
・501号室:佐野豪(安藤政信)
・管理人:床島比呂志(竹中直人)


第1回放送で殺害された人

『管理人さん』
・紙に書いた人物…不明
・紙を引いた人物…不明

 

第2回放送のOPと殺害された人

管理人(竹中直人)の死は自殺だったのか他殺なのか…、交換殺人ゲームをした住民達は不安な日々を過ごします。次に開催された住民会で管理人を殺害した犯人ではないかと疑われた402号室の藤井(片桐仁)は、自分が書いた「殺したい人」の名前を告白。その数日後、藤井が紙に書いたという人物『山際祐太朗』が遺体となって発見され…。

オープニング(赤丸がついている人)

・302号室:手塚翔太(田中圭)、奈菜(原田知世)
・103号室:田宮淳一郎(生瀬勝久)
・202号室:黒島沙和(西野七瀬)
・402号室:榎本早苗(木村多江)
・501号室:佐野豪(安藤政信)
・管理人:床島比呂志(竹中直人※変更点(→白黒写真に変更)


第2回放送で殺害された人

『山際祐太朗』
・紙に書いた人…403号室 藤井淳史(片桐仁)
・紙を引いた人…不明

☆変更点☆
第1回放送終了間際、管理人の床島がマンションから落ち死亡したことにより、第2回放送のオープニングでは管理人さんの写真が白黒写真に変更されています。

 

第3回放送のOPと殺害された人

402号室の藤井(片桐仁)が「殺したい人」として紙に書いた『山際祐太朗』が殺害された後、藤井の元に“あなたの番です”という脅迫の手紙や奇怪な出来事が次々と起こります。“あなたの番です”とは、「死んでほしい人を殺してもらったのだから、その人も自分が引いた紙に書いてある人を殺さなければならないルール、つまり、次はあなたが殺す番です」ということを意味する。藤井が引いた紙に書いてあるのは『タナカマサオ』、203号室 シンイーが働くブータン料理店の店長であることが分かり、追い詰められた藤井はその店に出向く。その夜、ガス爆発により『タナカマサオ』は死んでしまうことになったのだが、藤井が犯人なのかは不明…。

オープニング(赤丸がついている人)

・302号室:手塚翔太(田中圭)、奈菜(原田知世)
・103号室:田宮淳一郎(生瀬勝久)
・202号室:黒島沙和(西野七瀬)
・402号室:榎本早苗(木村多江)
・501号室:佐野豪(安藤政信)
・管理人:床島比呂志(竹中直人)→白黒写真

第3回放送で殺害された人

『タナカマサオ』
・紙に書いた人物…203号室 シンイー(金澤美穂)
・紙を引いた人物…402号室 藤井(片桐仁)

☆変更点☆
オープニングの顔写真には変化なし

 

第4回放送のOPと殺害された人

ガス爆発の翌日、第3回で殺害された『タナカマサオ』と書いたシンイー(金澤美穂)のベランダには、“あなたの番です”と書かれた包丁が残されていた。そんな矢先、502号室 赤池家で、殺人事件が起こる。赤池美里(峯村リエ)は、“HAPPY BIRTHDAY MISATO”のプレートを乗せたバースデーケーキを自分で準備し、誕生日を祝っているところに赤池美里と夫の吾郎が何者かに殺害された。大きな音に気付き、手塚夫妻らが駆け付けた時にはバースデーケーキには『赤池美里』と書かれたプレートが…。

オープニング(赤丸がついている人)

・302号室:手塚翔太(田中圭)、奈菜(原田知世)
・103号室:田宮淳一郎(生瀬勝久)
・202号室:黒島沙和(西野七瀬)
・402号室:榎本早苗(木村多江)
・501号室:佐野豪(安藤政信)
・管理人:床島比呂志(竹中直人)→白黒写真


第4回放送で殺害された人

『赤池美里、吾郎夫妻』(502号室住人)
・紙に書いた人物…201号室 浮田(田中要次)?
・紙を引いた人物…不明
注)殺害された現場のバースデーケーキには、『赤池美里』と書かれたプレートが残されていた。
注)201号室 浮田(田中要次)は、赤池美里の義母『赤池幸子』と書かれた紙を引いたと告白。真実なのかは不明。
注)201号室 浮田(田中要次)は、自分が紙に『赤池美里』と書いたと告白したが、真実なのかは不明。

☆変更点☆
オープニングの顔写真には変化なし

 

第5回放送のOPと殺害された人

マンション周囲で殺人事件が次々と起こり、やはり交換殺人ゲームに関連するのか…、自分が紙に書いた人も殺されるのでないかと不安が募る。そこで101号室 久住譲(袴田吉彦)が、奈菜に自分が書いたのは俳優の『袴田吉彦』であると告白。似ているから消えてしまえばいいという理由で書いたが、まさか芸能人をわざわざ殺しに行かないでしょう?と。(ここかなり面白かったです(笑))しかし、そのころ現場では、俳優の『袴田吉彦』は3人組に襲撃され殺されていた…。

オープニング(赤丸がついている人)

・302号室:手塚翔太(田中圭)、奈菜(原田知世)
・103号室:田宮淳一郎(生瀬勝久)
・202号室:黒島沙和(西野七瀬)
・402号室:榎本早苗(木村多江)
・501号室:佐野豪(安藤政信)
・管理人:床島比呂志(竹中直人)→白黒写真(死)

注)赤丸なし
・502号室:赤池美里、赤池吾郎 ※変更点(→白黒写真に変更)


第5回放送で殺害された人

『袴田吉彦』
・紙に書いた人物…101号室 久住譲(袴田吉彦)
・紙を引いた人物…不明

☆変更点☆
第4回放送終了間際、502号室 赤池夫妻が殺害されたことにより、第5回放送のオープニングでは2人の写真(赤丸なし)が白黒写真に変更されています。

 

第6回放送のOPと殺害された人

101号室 久住(袴田吉彦)が書いた俳優『袴田吉彦』が殺害され、久住は「あなたの番です」という脅迫を受けるようになる。久住が引いた紙は『細川朝男』、手塚奈菜(原田知世)の離婚できていない夫の名前。翔太(田中圭)はそこではじめて奈菜が結婚届の提出を渋る理由を知ることになる。翔太と奈菜は久住に『細川朝男』を殺害しないようにお願いをし、翔太もスポーツジムの会員でもあるアニキこと『細川朝男』に、直接話をし殺されないように守ることを約束する。そんな中、臨時の住民会で集まったメンバーのみで、紙に書いた人物、引いた紙に書かれていた人物を発表することになった。ここで304号室 北川澄香(真飛聖)が、102号室 児島佳世(片岡礼子)の名前を書いていたことが分かり、児島の身を案ずる・・・。犯人探しのために奈菜(原田知世)、早苗(木村多江)、黒島(西野七瀬)が集まり児島を心配していた最中、児島の不仲の夫(坪倉吉幸)の職場に児島佳世の足と思われるものが送られてきた・・・。

オープニング(赤丸がついている人)

・302号室:手塚翔太(田中圭)、奈菜(原田知世)
・103号室:田宮淳一郎(生瀬勝久)
・202号室:黒島沙和(西野七瀬)
・402号室:榎本早苗(木村多江)
・501号室:佐野豪(安藤政信)
・管理人:床島比呂志(竹中直人)→白黒写真(死)

注)赤丸なし
・502号室:赤池美里、赤池吾郎 →白黒写真(死)


第6回放送で殺害された人

『児島佳世』(102号室住人)
・紙に書いた人物…304号室 北川澄香(真飛聖)
・紙を引いた人物…不明

☆変更点☆
オープニングの顔写真には変更なし

 

第7回放送のOPと殺害された人

何者かに殺害されてしまった102号室 児島佳世。その名前を書いてしまった北川の愛する息子を守りたいという思いを受け、手塚夫妻は警察に相談することにした。捜査は、警察官でもあり交換殺人ゲームのことを知っている402号室 榎本早苗(木村多江)の夫・榎本正志(阪田マサノブ)と、その部下である神谷に任せることに。
そんな中、紙に書いた人物『袴田吉彦』が殺害された101号室 久住(袴田吉彦)と、同じく紙に書いた人物『赤池美里』が殺害されたことで脅迫を受けている201号室 浮田(田中要次)は、脅迫文の筆跡が同じであることを確認する。ゲームの紙に細工をしていた浮田は、浮田が書いた『赤池美里』を殺害した犯人に目星がついていると1人で犯人の部屋へ向かう。そしてその翌日、浮田は何者かに殺害されてしまった。
一方、次への殺人の脅迫がエスカレートし、極限状態に陥った久住(袴田吉彦)は、とうとう奈菜(原田知世)の書いた元夫『細川朝男』(野間口徹)を殺害しようと細川の元へ向かう。しかし細川になだめられ、やはり殺人なんてできないと思い帰ろうとしたところ、なぜか空洞となっていたエレベーターがきたところでふいに細川を突き落とす-。とともに、久住も一緒に転落し・・・。

オープニング(赤丸がついている人)

・302号室:手塚翔太(田中圭)、奈菜(原田知世)
・103号室:田宮淳一郎(生瀬勝久)
・202号室:黒島沙和(西野七瀬)
・402号室:榎本早苗(木村多江)
・501号室:佐野豪(安藤政信)
・管理人:床島比呂志(竹中直人) →白黒写真(死)

注)赤丸なし
・502号室:赤池美里・赤池吾郎  →白黒写真(死)
・102号室:児島佳世 ※変更点(→白黒写真に変更)

第7回放送で殺害された人

『浮田』(201号室住人)
・紙に書いた人物…なし?
・紙を引いた人物…なし?
→浮田は、紙に書かれた可能性は低いが、犯人を追い詰めたため殺された?

『細川朝男』(奈菜の元夫)
・紙に書いた人物・・・302号室 手塚奈菜(原田知世)
・紙を引いた人物・・・101号室 久住(袴田吉彦)
→脅迫で極限状態になった久住と一緒に転落。久住は意識不明のまま。

☆変更点☆
第6回放送終了間際、102号室 児島佳世が殺害されたことにより、第7回放送のオープニングでは児島の写真(赤丸なし)が白黒写真に変更されています。

 

第8回放送のOPと殺害された人

エレベーターから転落した細川(野間口徹)は死亡、そして久住(袴田吉彦)は命はとりとめたものの意識不明。細川が殺害されたことにより、未だ離婚が成立していない奈菜は疑われ警察へ取り調べをうける。疑いは晴れたものの、交換殺人ゲームについては相談した神谷以外は知らず、事件についてある事実をつかんでいるという理由で、他の刑事には話さないように頼まれる。
心身ともに疲れ果てた奈菜を見兼ねた翔太(田中圭)は、愛する奈菜のために真相を突き止めようと決意。そして、103号室の田宮(生瀬勝久)が紙に書いた人物は、田宮の銀行勤務時代の後輩であり、奈菜が引いた『こうのたかふみ』であることが判明。奈菜と翔太は『こうのたかふみ』が殺されないように、“こうの”本人に会いに行った矢先、『こうのたかふみ』が奈菜と翔太の目の前で何者かに殺害されることに。

オープニング(赤丸がついている人)

・302号室:手塚翔太(田中圭)、奈菜(原田知世)
・103号室:田宮淳一郎(生瀬勝久)
・202号室:黒島沙和(西野七瀬)
・402号室:榎本早苗(木村多江)
・501号室:佐野豪(安藤政信)
・管理人:床島比呂志(竹中直人) →白黒写真(死)

注)赤丸なし
・502号室:赤池美里・赤池吾郎  →白黒写真(死)
・102号室:児島佳世 →白黒写真(死)
・201号室:浮田啓補 ※変更点(→白黒写真に変更)
・奈菜の元夫:細川朝男 ※変更点(→白黒写真に変更)


第8回放送で殺害された人

『こうのたかふみ』
・紙に書いた人物…103号室 田宮(生瀬勝久)
・紙を引いた人物…302号室 手塚奈菜(原田知世)
※映像を見る限り、手塚夫妻は殺害していないため交換殺人になっていない。

☆変更点☆
第7回放送時、201号室の浮田と奈菜の元夫『細川朝男』が殺害されたことにより、第8回放送のオープニングでは浮田と細川の写真(赤丸なし)が白黒写真に変更されています。

 

第9回放送のOPと殺害された人

交換殺人ゲームであれば、奈菜(原田知世)が殺す番のはずであった『こうのたかふみ』が何者かに殺害されたことにより、交換殺人ではなく誰かが首謀者となり今までの事件を起こしているのかー。
今まで402号室 早苗(木村多江)、202号室 黒島沙和(西野七瀬)とともに犯人を推理していた翔太(田中圭)と奈菜は、早苗と夫の正志を怪しいと推測しはじめる。そして、翔太は単独で何かを隠していると思われる早苗と正志の住む402号室の部屋へ入ると、奥の部屋には監禁された黒島と、早苗の息子と思われる少年が…。翔太が黒島を助けようとするが、早苗から襲いかかれ意識を失ってしまう。

オープニング(赤丸がついている人)

・302号室:手塚翔太(田中圭)、奈菜(原田知世)
・103号室:田宮淳一郎(生瀬勝久)
・202号室:黒島沙和(西野七瀬)
・402号室:榎本早苗(木村多江)
・501号室:佐野豪(安藤政信)
・管理人:床島比呂志(竹中直人) →白黒写真(死)

注)赤丸なし
・502号室:赤池美里・赤池吾郎  →白黒写真(死)
・102号室:児島佳世 →白黒写真(死)
・201号室:浮田 →白黒写真(死)
・奈菜の元夫:細川朝男 →白黒写真(死)


第9回放送で殺害された人

なし
※放送開始以来、終了間際に毎回誰かが死ぬという設定であったが、第9回のみ誰も殺害されることはなかった。豹変した早苗さん(木村多江)の第10回に続くための展開なのか、それとも監禁されていた人物に関係があるのか…。

☆変更点☆
オープニングの顔写真には変更なし

 

第10回放送のOPと殺害された人

早苗から襲われ意識を失った翔太(田中圭)は手を縛られ身動きができない状態に。翔太が勤めるスポーツジムから無断欠勤していると連絡を受けた奈菜は翔太の身を案じ、前夜に翔太が強引に部屋に入ったと聞いていた402号室の早苗の元へ。しかし、早苗はいつもと変わらない様子で翔太を一緒に探しはじめる。捜索願いを出そうと警察に出向くが、対応したのは早苗の夫である正志。2人を信用できない奈菜は交換殺人ゲームについて相談した神谷へ連絡する。
一方、監禁された翔太と黒島は、早苗の息子に自分を守るために監禁されているという事実を聞くが、一緒に逃げようと部屋の中を探っていたところ、殺害された『山際祐太朗』の頭部の入ったクーラーボックスを発見する。
翔太と黒島を殺害しようと決めた正志と早苗は、過去の不正を持つ神谷を脅し、黒島を空室である303号室へ運び出している間に、402号室へ訪れた奈菜は翔太を発見。早苗に見つかった奈菜はなんとか外まで逃げたものの、豹変した早苗は奈菜を襲い続けるところに、早苗の息子が手を離さないとマンションから飛び降りると言われ、ようやく奈菜を開放したが、翔太が足を踏み外した少年を助け意識を失う。
入院先で意識が戻った翔太は、事件は解決したと安心し、毎日看病に来てくれていたという奈菜にあらためてプロポーズズしようと病院を抜け出す。奈菜の待つ302号室へ入ると、そこには眠るように死んでしまった奈菜の姿が…‼

オープニング(赤丸がついている人)

・302号室:手塚翔太(田中圭)、奈菜(原田知世)
・103号室:田宮淳一郎(生瀬勝久)
・202号室:黒島沙和(西野七瀬)
・402号室:榎本早苗(木村多江) ※変更点
・501号室:佐野豪(安藤政信)
・管理人:床島比呂志(竹中直人) →白黒写真(死)

注)赤丸なし
・502号室:赤池美里・赤池吾郎  →白黒写真(死)
・102号室:児島佳世 →白黒写真(死)
・201号室:浮田 →白黒写真(死)
・奈菜の元夫:細川朝男 →白黒写真(死)


第10回放送で殺害された人

302号室 手塚奈菜(原田知世)
・紙に書いた人物…なし?
・紙を引いた人物…なし?
※紙に書かれていないはずだが、主演でありナレーターであった奈菜が死んでしまったことで、第一章は終わりを迎える。

☆変更点☆
第一回放送より赤丸がついていた402号室 榎本早苗(木村多江)から赤丸のマークが消えていた。(まさか、赤丸が消えるとは…‼)10回放送終了間際に殺人容疑で警察につかまることで、赤丸の意味から外れたことを示唆しているのか…?

 

見逃し配信はこちらから全話視聴できます。Hulu

 

 

「あなたの番です」のオープニングの赤丸の意味は?

※随時更新します。

犯人を意味する?
第1回放送で赤丸が付いていた管理人さんが殺害されたことにより、犯人という考察はなくなりました。

殺害される人を意味する?
第4回放送で赤丸がついていない502号室 赤池夫妻が殺害されたことにより、殺害される人という共通点ではなくなったようです。

紙に書かれた人を意味する?
201号室 浮田は『赤池幸子』と書かれた紙を引いたと告白したが、それが本当かどうかは現段階では怪しいため、赤丸がついていないがまだこの見解は考えられそうです。また、他人のゴミ袋をあさったり、郵便受けをチェックするという偏向のある401号室 木下あかねは、拾ったものだと奈菜に渡した紙には『302号室の人』と書いてあったことから、オープニングで手塚夫妻2人に赤丸がついていることに辻褄が合います。

赤丸は、301号室 尾野幹葉が書いたもの?
第1回放送で、301号室 尾野(奈緒)が赤ペンを使用していたシーンがあります。また、翔太を狙っていることから、尾野が書いた赤丸ではないかという考察も…。しかし、その赤丸は何を意味するかは不明です。

 

視聴者の間では、オープニングの赤丸の意味や、誰が紙に書いたのかなど、いろんな考察が飛び交っています。次回は何が起こるのか目が離せない展開続きで毎回見逃せません。第1章を終える第10回放送で早苗から赤丸が消えたのは何か深い意味があるのは間違いないでしょう。第2章も今までと同じオープニングが続くのか、そしてその赤丸は何を意味するのか、第2章(反撃編)で、愛する奈菜を失ってしまった翔太は犯人をどう追いつめ、どういう結末が待っているのか最後まで推理を楽しんでいきたいと思います。

まだご覧になっていない方もまだ今からでも間に合います!!第2章が始まる前にぜひ‼
今までにないドラマ展開で、見始めたらハマってしまうこと間違いなしですよ。

 

コメント